がん保険は質の高いサービスを提供する専門店である

一般的な医療保険は様々な病気やケガを保障対象にしておりますが、がん保険は保障対象をがんに限定した、がん専門の医療保険になります。

例えるなら一般的な医療保険が、様々な味のパンを販売しているパン屋さんならば、がん保険はメロンパンだけを販売している、メロンパン専門のパン屋さんといったところです。
一種類しか販売していないのに商売が成り立つのは、それだけメロンパンが美味しいからになりますが、がん保険も一般的な医療保険より魅力的な点があります。

例えば一般的な医療保険は、入院した時に支給される入院給付金の支給日数に、一定の上限が設けられているのに対して、多くのがん保険は入院初日から、日数に制限なく入院給付金が支給されます。

がんの種類によっては抗がん剤治療のため、入退院を繰り返す場合がありますので、入院給付金の支給日数に上限がないのは大きなメリットです。
また保障内容をがんに限定しているため、同じ年齢の方が加入するならば、がん保険は一般的な医療保険より保険料が安くなり、これもメリットだと思います。

逆にデメリットとしては猶予期間が設けられており、がん保険に加入してから90日以内にがんと診断されても、各種の給付金が支給されません。
ただこれはがんの自覚症状があってから、がん保険に加入するという不届き者に、給付金を与えないための措置であり、健康体の方が加入する場合には特に心配しなくても良いのです。